原因に応じた鼻づまりの対処法を見極めよう。

自宅での解消法

自宅でできる鼻づまりの解消法

今日は、鼻づまりを自宅で簡単に解消する方法を4つ紹介します。1つ目は、綿棒、鼻水吸引機で直接鼻づまりを解消する方法です。これは鼻の奥まで自分でできるので簡単でしょう。ただし、赤ちゃんの鼻水を取る時には、奥まで入れすぎないように注意が必要です。2つ目は、お風呂に入るという方法です。鼻づまりは体温が低いと悪化してしまうので、体温を意図的に温めることで、鼻の通りが良くなります。3つ目は、蒸しタオルで鼻の上部を温めるという方法です。こちらは鼻づまりの幹部に直接当てて温めることで鼻の通りが良くなります。お風呂に入るのが面倒くさいといった方や、早く鼻づまりを解消したいという方には、こちらをおすすめします。そして、最後の4つ目は、点鼻薬を使うという方法です。

鼻の通りを良くする点鼻薬とは

先ほど紹介した点鼻薬とは、いったい何なのでしょうか。私は、耳鼻科でこの点鼻薬を処方されて、一気に鼻づまりが解消しました。点鼻薬とは、トラマゾリン点鼻薬のことです。トラマゾリンとは、トラマゾリン塩酸塩のことで、鼻の充血を取ることができる薬です。強い血管収縮作用があり、速効性です。副作用もありますので、使用上の注意が必要です。副作用としては、局所的に熱感、刺激痛、乾燥感などがみられます。大量に用いると、動機や頭痛など全身的に副作用がでる可能性があります。なので、お子さんに使う場合には、通常以上に注意をしてください。また、他の薬と同様に、長く使い続けていると、効き目が悪くなり、症状が悪化してしまう可能性もありますので、ごく短期間の使用にとどめましょう。しかし、この点鼻薬の効き目は、とてもよく、使用上の注意を理解した上で使えばとても効果的であり、耳鼻科に行けば処方してもらえるので、鼻づまりにお困りの方は、是非一度試しては、いかがでしょうか。